2015年5月の訪日外国人数が前年同月比49.6%増の164万2千人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イロドリの小林(@hidekobayan)です。
このたび日本政府観光局(JNTO)から2015年5月の訪日外国人数についての発表がありましたので、その中から抑えておきたいデータをご紹介したいと思います。

前年同月比49.6%増の164万2千人を記録!

4月は日本の桜人気の影響で単月過去最高の176万人を突破しました。夏休みシーズンの狭間となった5月はどれ程の数字になるか注目でしたが、結果的に4月から12万人程度の落ち込みに留まり、前年比49.6%増の164万2千人となりました。

photo-k00081-01

日本政府観光局(JNTO)はこの増加要因を訪日旅行プロモーションに加え、円安傾向の継続、航空路線の拡大、ビザの免除や要件の緩和、免税店の増加などの環境、政策が合致したものとしています。

各国の昨年同月の訪日外国人数との比較

それでは続いては国別での昨年同月(2014年5月)との比較を見て行きましょう。

photo-k00081-02

注目は昨年同月と比較して伸び率の高い国々(薄い青色の箇所の数字)です。
中国が38万7,200人(前年比133.6%増)と100%以上の伸び率となっています。
その他にも韓国が31万5,400人(前年比61.5%増)、香港が12万600人(前年比70.3%増)、ベトナムが1万2,300人(前年比55.8%増)と昨年に比べて50%以上の伸びとなっています。

また、単月の過去最高を記録した国としては英語香港インドが単月として過去最高を記録しました。

なお、東アジア市場の中国、台湾、韓国、香港の4市場の合計は116万3千人となっており、全体の7割以上を占めています。

国別訪日外国人数の内訳グラフは以下の通りです。

photo-k00081-03

2015年1月〜5月の訪日外国人数

続いては2015年1月〜5月の合計訪日外国人数を見てみましょう。
下記は2014年同期間と比較したデータとなります。

photo-k00081-04

総数(薄い赤色の箇所の数字)では昨年比44.9%増となっており、1月〜4月での伸び率(43.6%増)を上回る伸び率となりました。

国別で見るとこちらも中国が171万6,400人(前年比105.7%増)、香港が55万4,500人(前年比61.7%増)、フィリピンも11万9,900人(前年比52.9%増)、ベトナムも8万1,300人(前年比59.9%増)と大きく伸びています。(薄い青色の箇所の数字)

2015年6月の訪日外国人数予想

日本政府観光局(JNTO)は2015年6月以降は多くの国で夏休みシーズンに入るため、より一層の訪日外国人数の増加が期待されるとしています。
なお、韓国における中東呼吸器症候群(MERS)の感染拡大については、動向を注視する必要があるとしています。

まとめ

4月は日本の桜のコンテンツ力の高さを再確認した月となりましたが、夏休みシーズンとの狭間の5月も過去と比較すると堅調に推移しています。
以前は時期により訪日外国人数に差がありましたが、徐々にその差が少なくなってきており、外国人観光客の受け入れ体制強化の重要性が増してきています。

また、各月の訪日外国人数データはこちらにまとめておりますのでぜひご活用ください。

なお、昨年の訪日外国人数の月別データや最新の訪日外国人数月別データはメルマガでも配信していますので、継続的な情報提供をお求めの方は記事の下記のリンクからメルマガ登録をいただければと思います。

最新のインバウンドニュースをメルマガで受け取る

外国人集客に役立つノウハウや最新ニュースをメルマガで配信しています。
また、今なら登録いただいた方には「外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ」をプレゼント中です。
いつでも配信停止手続きができますので、まずはお気軽にご登録くださいませ。
メルマガ登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インバウンドニュースをメールで配信中です

イロドリではメルマガ登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・【2017年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ
・【2016年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ
・【2015年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ
・【2014年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ

また、メルマガは月に1回のペースでインバウンドビジネスにおける集客や販売に役立つノウハウや最新ニュースを配信しています。

登録料や購読料はすべて無料でいつでも配信停止手続きができますので、まずはお気軽にご登録くださいませ。

メルマガに登録する(登録・購読無料)

SNSでもご購読できます。