2016年1月の訪日外国人数は前年同月比52.0%増の185万2千人!なんと年間3000万人ペース!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イロドリの小林(@hidekobayan)です。
このたび日本政府観光局(JNTO)から2016年1月の訪日外国人数についての発表がありましたので、その中から抑えておきたいデータをご紹介したいと思います。

2015年7月に次ぐ単月記録を樹立!その数なんと185万2千人!

2016年も早々にビッグニュースです。
過去のデータを見ると年間を通して訪日外国人数の少なかった1月ですが、2016年はなんと2015年7月に次ぐ単月最高記録を樹立しました。
具体的な数字は前年同月比52.0%増の185万2千人です。
下のグラフを見ていただければ昨年と比べ、どれほど増加したのかお分かりいただけるかと思います。

photo-k00134-01-03

単純計算ですが、この増加率が続いた場合の年間訪日外国人数はなんと3000万人を達成するペースなのです!
そんな単純には進まないと思いますが、2016年は世界情勢の悪化や昨年から続く中国経済不安など懸念材料が多いスタートとなったのも事実です。
もしかすると2月以降にこの影響が出て来る可能性はあるものの、ひとまず好調な滑り出しと言えるでしょう。

日本政府観光局(JNTO)はこの増加要因をアジア地域での学校休暇による訪日旅行者数の増加と、欧米豪地域における航空路線の拡大、燃油サーチャージの値下がりを受けた訪日需要の拡大が挙げられるとしています。
また、継続的な訪日旅行プロモーションや、円安による割安感の定着、ビザの大幅緩和、消費税免税制度の拡充等による効果も、訪日旅行者数の増加を後押ししているとも付け加えています。

各国の昨年同月の訪日外国人数との比較

それでは続いては国別での昨年同月(2015年1月)との比較を見て行きましょう。

photo-k00134-02

2016年1月に日本へもっとも訪れたのは韓国でした。
その韓国は初めて単月で50万人を超える51万5千人(前年比43.8%増)を記録しました。
また、その他にはロシアを除く16市場が1月としての過去最高を記録しました。

中でも注目したいのが昨年同月と比較して伸び率の高い国々(薄い青色の箇所の数字)です。
中国が47万5000人(前年比110.0%増)、マレーシアが1万9800人(前年比60.8%増)と高い伸び率となっています。
2015年は中国、ベトナム、フィリピンの伸びが目立ちましたが、2016年の注目国はマレーシアかもしれません。

なお、国別訪日外国人数の内訳グラフは以下の通りです。

photo-k00134-03

2016年2月の訪日外国人数予想

日本政府観光局(JNTO)は2016年2月について、アジア地域において旧正月の休暇時期を迎えることから、2015年からの傾向を踏まえれば、訪日旅行者数の増加が期待されるとしています。

まとめ

今年最初の速報値が出たことで「2016年もインバウンド市場は熱くなる!」という期待が持てたのではないかと思います。
・2016年1月は韓国からの訪日客がトップ
・1月時点の伸び率で見ると年間3000万人ペース
・2016年に注目すべき国はマレーシア?
など、ポイントを抑えておきましょう!

また、各月の訪日外国人数データはこちらにまとめておりますのでぜひご活用ください。

最新のインバウンドニュースをメルマガで受け取る

外国人集客に役立つノウハウや最新ニュースをメルマガで配信しています。
また、今なら登録いただいた方には「外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ」をプレゼント中です。
いつでも配信停止手続きができますので、まずはお気軽にご登録くださいませ。
メルマガ登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インバウンドニュースをメールで配信中です

イロドリではメルマガ登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・【2017年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ
・【2016年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ
・【2015年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ
・【2014年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ

また、メルマガは月に1回のペースでインバウンドビジネスにおける集客や販売に役立つノウハウや最新ニュースを配信しています。

登録料や購読料はすべて無料でいつでも配信停止手続きができますので、まずはお気軽にご登録くださいませ。

メルマガに登録する(登録・購読無料)

SNSでもご購読できます。