上半期で1300万人突破! 2017年6月の訪日外国人数は前年同月比18.2%増の234万7千人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イロドリの小林です。

このたび日本政府観光局(JNTO)から2017年6月の訪日外国人数についての発表がありましたので、その中から抑えておきたいデータをご紹介したいと思います。

6ヶ月連続の200万人超え! 前年同月比18.2%増の234万7千人!

2017年6月の訪日外国人数は前年同月比18.2%増の234万7千人となり、6月として過去最高記録となりました。

また、2017年1月から6ヶ月連続で200万人超えを継続し、堅調な伸びが続いています。

日本政府観光局(JNTO)による増加要因の分析は以下の通りです。

航空座席数の増加等を背景に前年同月比60%を超える伸びを示した韓国市場が、引き続き訪日外客数全体を牽引した。
断食明け大祭休暇や学校休暇など、旅行需要の高まる時期に向けて実施した訪日旅行プロモーションの他、訪日クルーズ、チャーター便の就航により需要が上乗せされた市場もあり、訪日外客数全体としては堅調に推移した。

各国の昨年同月の訪日外国人数との比較

それでは続いては国別での昨年同月(2016年6月)との比較を見て行きましょう。

総数(薄い緑色の箇所の数字)では前年比18.2%増となりました。

そして中でも注目したいのが昨年同月と比較して伸び率の変化が大きい国(青色の箇所の数字)です。

その中でもとくに目を引くのは韓国です。

5月の85%増には及びませんが、前年比63.8%増という驚異的な伸び率となっています。

これは昨年4月に起こった熊本地震の反動による影響が大きいですが、それを差し引いても韓国が今年のインバウンド市場を牽引していることは間違いありません。

果たしてこの数字が今後どこまで伸びるのでしょうか?

また、当サイトで2月頃から伸び悩みについて注視している中国台湾も見てみましょう。

まず、台湾は単月としての過去最高を記録するなど堅調な伸びとなりました。

日本政府観光局(JNTO)の分析によると、夏季に合わせてクルーズ船寄港数が増加したことや定期便の増便、地方へのチャーター便が運航されたことが増加要因とのことです。

一方の中国は日本政府観光局(JNTO)の分析には「プラスの伸びを維持した」との記載しかありません。

実際の伸び率は0.8%だということを考えると、もうすぐマイナス成長に突入する可能性も考えられます。

あるインバウンド関係者の方から「中国人観光客はヨーロッパ向け格安ツアーに流れている可能性も?」という情報提供をいただきました。

これについては私たちも正確な情報を掴めていないので、真偽は分かりませんが、可能性としてはあり得るかもしれませんね。

詳しい情報をキャッチできたらお伝えできればと思います。

また、6月はイギリスが前年比4.0%減、フランスが前年比3.4%減、インドが前年比11.3%減とマイナス成長(赤色の箇所の数字)となっており、こちらも今後の動向に注目です。

そして、16市場(韓国・中国・香港・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピン・ベトナム・豪州・米国・カナダ・ドイツ・イタリア・ロシア・スペイン)が6 月として過去最高を記録しています。

また、国別訪日外国人数の内訳は以下の通りです。

2017年1月~6月の訪日外国人数

続いては2017年1月~6月の合計訪日外国人数を見てみましょう。
下記は2016年同期間と比較したデータとなります。

総数(薄い緑色の箇所の数字)では前年比17.4%増の1375万7300人となっています。

また、国別で見ると韓国が339万5900人(前年比42.5%増)、インドネシアが18万4900人(前年比44.9%増)、ロシアが3万5800人(前年比40.6%増)と30%以上の伸率となっています。

累計では引き続き韓国が中国を抑えてトップとなっており、下半期の動向が気になるところです。

まとめ

これで2017年上半期の訪日外国人数データが出揃いました。

昨年の熊本地震の影響が回復したことも分かり、この数字が下半期にどれだけ伸びるのか楽しみですね。

さて、今回のポイントを改めてまとめますと、

・2017年上半期の累計は1375万人
・6ヶ月連続で200万人超えを記録
・台湾はクルーズ船や航空便の増便などで今後の伸び率にも期待か
・中国の伸び率鈍化の要因は未だ明らかにならず
・2017年上半期の累計トップは韓国

が挙げられます。

早いもので2017年ももう半分が終わり、すでに後半戦に突入しています。

全体で見れば訪日外国人数の伸び率は今のところ堅調ですが、細かく見ていくと気になる点があるのも事実です。

とは言え、ずっと右肩上がりで成長し続けることなどあり得ませんので、どこかで頭打ちする日が来るでしょう。

その時に大切なのは「日本にはまだこんな魅力的な場所があるよ!」と提案できるような準備ができるかどうかです。

日本にはまだまだ魅力がたくさん眠っています。

これからも一緒に力を合わせて全国の魅力を掘り起こしていきましょう!

各月の訪日外国人数データはこちらにまとめておりますのでぜひご活用ください。

最新のインバウンドニュースをメルマガで受け取る

弊社ではインバウンドビジネスに役立つノウハウや最新ニュースをメルマガで配信しています。
イベント開催時もメルマガにて先行案内をいたします。
また、今なら登録いただいた方には「外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ」をプレゼント中です。
いつでも配信停止手続きができますので、まずはお気軽にご登録くださいませ。
メルマガ登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インバウンドニュースをメールで配信中です

イロドリではメルマガ登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・【2016年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ
・【2015年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ
・【2014年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ

また、メルマガは月に約2回のペースでインバウンドビジネスにおける集客や販売に役立つノウハウや最新ニュースを配信しています。

登録料や購読料はすべて無料でいつでも配信停止手続きができますので、まずはお気軽にご登録くださいませ。

メルマガに登録する(登録・購読無料)

SNSでもご購読できます。