1泊平均1万円以上が2カ国!訪日外国人観光客の国別宿泊費

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。イロドリの福島(@maxafuku)です。

【訂正とお詫び】記事公開当初、参照するべきデータに一部誤りがありました。現在は正しいデータを参照し、グラフ及びコメントを差し替えさせて頂いております。(2015年12月18日)

このメディアでは過去に買い物額や買い物の中身、様々なデータを調べて公開させて頂いておりますが、今回は宿泊費にスポットをあててみました。
結構意外な結果になっていると思いますのでぜひご覧ください!

1泊あたりの宿泊費ランキング

政府観光局(JNTO)より発表されている2014年度のデータを元に訪日者数上位16ヶ国の1泊辺りの宿泊費のランキングを出してみました。

stay_per_day

1位は香港という結果でした。僅差で中国が続きます。
3位はシンガポールという結果で上位にはアジアの国々がランクインしました。
逆に下位は意外にもヨーロッパの国々が並んでいます。

アジアは短く高い、ヨーロッパは長く安い

ランキングを分析していると上位は距離的に近いアジアの国々、下位は遠いヨーロッパの国々とアジアの新興国という結果になりました。
これは平均宿泊数とも密接な関係があります。
アジアの人々は平均宿泊数が短いかわりに1泊あたりの宿泊費が高く、ヨーロッパの人々は平均宿泊数は長い分、1泊あたりの宿泊費が低いという結果がハッキリと出ました。
ただしアメリカとオーストラリアは上位にランクインするという結果になりました。

買い物の中身を分析した際にもヨーロッパの方々はアジアの人々に比べてあまり消費をしていないデータが出ましたが、宿泊費に関しても同じことが言えそうです。

外国人観光客は日本で何を買っている?国別に調べてみた(前編)
イロドリの小林(@hidekobayan)です。これまでに訪日者数上位16カ国の消費額に関する様々なデータをご紹介してきました。これらのデータを見ていると「外国人観光客」と一括りで考えてはいけないことが分かってきます。そこで今回は日本政府観光局(JNTO)から発表され...
外国人観光客は日本で何を買っている?国別に調べてみた(後編)
イロドリの小林(@hidekobayan)です。今回は日本政府観光局(JNTO)から発表された2014年のデータを元に、「買い物」に焦点を当て、訪日者数上位16カ国が購入しているものの特徴を前後編に分けてご紹介しています。はこちらからご覧ください。後編はあの「爆買い」で注...

まとめ

・宿泊費にお金をかけるのは平均宿泊数が短いアジアの国々。
・ヨーロッパの国々は平均宿泊数が長い分、1泊あたりの宿泊費は低い。
・買い物の中身を分析した際と同じく、ヨーロッパからの観光客は滞在中は比較的高額な消費をしない傾向にあり、旅行の目的は「体験」である傾向にある。

消費動向は各地方によってかなり変わってきますので色々なデータを参考にしながら戦略を立てることをオススメいたします。
弊社でもお手伝いさせて頂いておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

また、2014年の訪日外国人数の上位16カ国についての様々なデータをこちらで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

最新のインバウンドニュースをメルマガで受け取る

外国人集客に役立つノウハウや最新ニュースをメルマガで配信しています。
また、今なら登録いただいた方には「外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ」をプレゼント中です。
いつでも配信停止手続きができますので、まずはお気軽にご登録くださいませ。
メルマガ登録はこちらから

インバウンドニュースをメールで配信中です

イロドリではメルマガ登録をいただいた方々に以下の特典をプレゼントしています。

・【2017年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ
・【2016年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ
・【2015年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ
・【2014年版】外国人観光客に人気の都道府県ランキングデータ

また、メルマガは月に1回のペースでインバウンドビジネスにおける集客や販売に役立つノウハウや最新ニュースを配信しています。

登録料や購読料はすべて無料でいつでも配信停止手続きができますので、まずはお気軽にご登録くださいませ。

メルマガに登録する(登録・購読無料)

SNSでもご購読できます。