Airbnbホストのマニュアルやノウハウまとめページを公開しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イロドリの小林(@hidekobayan)です。

近年の訪日外国人観光客の急増を受け、日本の主要都市では深刻な宿泊施設不足が続いているということをご存知の方も多いかと思います。

増える訪日客、出張族「ホテル取れない」と悲鳴  :日本経済新聞
異次元の訪日外国人爆増で、日本がパンク状態…ホテル客室7割が外国人、出張にも支障 | ビジネスジャーナル

弊社のクライアントや取引先で東京勤務の方々も常々「ホテルが取れなくて大変です。」と口を揃えて仰られています。

そんな状況を打破するべく、いま最も注目を集めているサービスが「Airbnb (エアビーアンドビー)」です。
そこで「Airbnbをはじめたいけどやり方が分からない!」という方の為にイロドリのサイト上にマニュアルページを公開しましたのでお知らせいたします。

だれでも簡単にスタートできる!Airbnb活用マニュアル
近年、外国人観光客の急増によりホテル不足が深刻化している中で、今後さらに外国人観光客を増やして行くための一手として大きな注目を集めているのが、個人間の宿泊マッチングサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」です。「空き家や空き部屋を活用して国際交流...

Airbnbってどんなサービス?

1k001-01
こちらでも説明していますが、Airbnbというサービスを簡単に説明すると世界中の「宿泊したい人(ゲスト)」と「宿泊場所を提供する人(ホスト)」をマッチングするサービスで、個人が簡単に空き部屋を宿泊施設として掲載することができます。
また、宿泊の際にゲストはホストに宿泊料を支払うため、ホストは空き部屋を有効活用してちょっとしたお小遣い稼ぎができるサービスなのです。

1k002

「空き家や空き部屋があるし、国際交流も楽しんでみたいなぁ。」という方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

Airbnbは地域経済活性化の鍵となる?

主要都市はもちろんですが、私たちは地域経済活性化のツールとしても非常に有効なツールになると考えています。

実はAirbnbユーザーの特徴としては宿泊した場所の近隣で買い物や食事をする人が多いという傾向があるのです。

これまで郊外や地方の場合、少ない予算から何とか広告費や販促費を捻出して観光PRをするという方法がメインでしたが、Airbnbを上手く活用すればお金を掛けるどころか宿泊者自ら足を運んでくれて、更にお金まで払ってもらえるのです。
そして周りのお店や観光地で消費してもらえればみんなハッピーです。

例えばですが、人通りが寂しくなって来た商店街でも住民が力を合わせれば海外からたくさんのお客さんを呼ぶこともできるかもしれません。

もちろん外国人観光客の方々に継続的に来ていただくためには「ここは最高の街だった!友だちにもオススメしよう!」と思ってもらう必要があるので、おもてなしの準備や観光資源の掘り起こしも重要になります。
ですが、私たちはAirbnbを通してそのような「地方を元気にする事例」が作れたら凄いことになるんじゃないだろうか?と思っています。

マニュアルの内容は?

続いて弊社サイトで配信するマニュアルの内容についてのご紹介です。
こちらの目次をご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、

・Airbnbの基本的な説明
・お部屋の掲載方法
・掲載後の使い方
・ちょっとしたノウハウ

などの情報をお届けしていきたいと思います。
基本的にはパソコンや英語が苦手な方々に向けて情報を配信して行こうと思っていますので、「こんな情報が欲しい!」ということがございましたらこちらからお気軽にご連絡くださいませ。
弊社で書けることでしたら、できる限りご要望にお応えできるようにしたいと思います。

ちなみにリンクになっていないメニューについては現在執筆中ですので、順次公開していく予定ですのでお楽しみに!(2015年9月時点)

まとめ

Airbnbはいま最も注目を集めているサービスですが、同時に法律的な懸念があることも事実です。
ただ、Airbnb側も日本政府に対して一般人が気軽に部屋を貸し出すことができりょうに法整備についての働きかけを行っているようなので、更なるインバウンド市場の拡大の為にも今後の動きに期待したいところです。
Airbnbをスタートする上で不安を抱かれている方はこちらをお読みいただき、法律や税金関係の疑問については法律専門家の方に相談されることをオススメいたします。

Airbnbニュースをメルマガで受け取る

Airbnbホストをする上で役立つノウハウや最新ニュースをメルマガで不定期配信しています。
いつでも配信停止手続きができますので、まずはお気軽にご登録くださいませ。
メルマガ登録はこちらから

SNSでもご購読できます。