「なぜチームインバウンド関西をやるのか?」を改めて考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
photo-k00168-00-02

イロドリの小林(@hidekobayan)です。

6月8日(水)にインバウンドビジネスに携わる人々が集まる「チームインバウンド関西」の第2回交流会を開催し、参加者の方々のおかげで盛会となりました。

当日の様子を知りたい方はこちらでレポートしておりますのでぜひご覧ください!

photo-i00167-0065名がアツい交流!「チームインバウンド関西」第2回交流会開催報告
こんにちは。イロドリの今津です。2016年6月8日(水)弊社主催の「チームインバウンド関西」第2回交流会を開催しましたので、当日の様子をレポートにてお届けします。「チームインバウンド関西」とは、弊社株式会社イロドリが運営するインバウンドビジネスに携わるす...

さて、それではこの記事は一体何なのか?と言いますと、弊社がチームインバウンド関西(以下「TIK」と表記)を運営している理由を改めて考えたいと思ったためです。

私はこのTIKの立ち上げや継続運営にあたり、コンセプトメイキングや企画、当日の運営まですべての工程のプロジェクトリーダーを務めています。

しかし、実はTIKの運営によって弊社の収益はまったくありません。

そのせいもあってかよく周りの方々からは「イロドリさんって何でこんなことしてるんですか?」と聞かれます(笑)
それも当然の疑問でしょう(笑)

そこで私たちがTIKを運営している理由をこれまでの経緯と交えながらお伝えできればと思っています。

続きはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。